6月某日、町田くん町田薬師池公園に行くの巻その3 藤の台と金井の調整池

「薬師池公園四季彩の杜」を後にして、ランチをどうしようか迷いながら本町田へむかっていたら、貯水池が。

藤の台団地、いちょう通り沿いの調整池

正確には防災調整池というそうですが、薬師池も元は水田用水池として作られたものと思うと、なんだか仲間な感じがします。

調整池って個々に名前がついているものなのか調べてみましたが、こちらの池には名前はついていないようです。
地元の人たちはなんて呼んでるんでしょうね。

保全調整池「玉川学園B」

その先にあるこちらの池には「玉川学園B」という名称が東京都から付けられていました(^^;
もうちょっとロマンチックな名前にして欲しいなあ~

ずいぶん水草がいっぱいだな~、と見ていると、おやや。。。
水鳥の親子がいました!


何の鳥でしょうね?シルエットだけしかわかりませんでしたが、カルガモではないようです。
わたしが簡単に調べた限りでは「カイツブリ」かな~。

もしカイツブリだとしたら、雛が泳ぐのに疲れると親鳥が背中に乗せてあげるらしいです。
それはもう、とっても可愛い姿です。

この池の名前はカイツブリ池だな・・・

6月某日、町田くん、町田薬師池公園に行くの巻 その1

薬師池公園は、東京都指定名勝、新東京百景、日本の歴史公園100選にも選定された公園です。

中でも薬師池周辺には歴史的な住宅が移築されており、町田の歴史の深さを伺い知る事が出来ます。

四季折々の花が楽しめるるよう設計された公園内、6月は花菖蒲から紫陽花への移り変わりが楽しめます。

本当に、ここは町田ですか??町田だとしても現代じゃないよね??という、時空の旅人気分になれる公園です。

ちなみに、6月中旬で蚊が出ていましたので、気になる方は虫よけやかゆみ止めを持って来園する事をお勧めします。

町田薬師池公園 四季彩の杜 「薬師池」

  • 町田、または鶴川からバス「薬師池」または「薬師ケ丘」停留所下車
  • 営業時間6時~18時